トップページ >> メニュー >>  あさきぬ工房監修・巻き筆入れ
 東京小猫商会 あさきぬ工房監修 巻き筆入れ

・2194-X 「巻き筆入れ」 ¥6,912.

(↑素材色ごとに商品番号末尾の「X」が変わります。最新の在庫情報は「メニュー」へ)

・「巻き筆入れ」の呼び名と基本仕様を創案した「あさきぬ工房」監修
・布製品なのに精密な作りのペンケースです
写真の素材色はダークグレー。これまで様々な素材色が製作されています。
■ 製品のおいたち:

「巻き筆入れ」という呼称。一般名詞のようですが、もともとは岐阜の「あさきぬ工房」が2004年、自身の製作する布製ペンケースに与えた商品名です。このあさきぬ工房のオリジナルモデルは、独立した6つの筆記具用ポケットと、その上部を保護するフラップを基本とし、サイドには消しゴムや替芯類を収納するスリムなファスナー付きの小物入れを付加した構成となっています。

当初は岐阜にある工房ゆかりのインテリアショップ等でのみ販売。やがて通信販売も開始。しばらくして東京では銀座・五十音が取り扱うこととなりました。しかし製作の困難さから生産数量はごくわずか。予約1年待ちも当たり前の幻のペンケースに。そして現在は工房での製作は終了となっています。

その後、この巻き筆入れの仕様を模倣したものが4ヶ所ほどから現れました。オリジナルにはポケットやフラップのエッジ部分に精密で製作が困難なパイピング(装飾)が施されています。コピー品はこの部分について充分な再現がされておらず、オリジナルの作り込みには遠く及びません。

このたび信頼文具舗も加盟するプロフェッショナル集団・東京小猫商会が、あさきぬ工房監修のもと、困難な工作を実現してくださる作家さんに製作を依頼。公式再現モデルの取り扱いに至りました。

素材色:生成り(きなり)系:ナチュラルカラーで軽やかな印象です。
キリリと細い革ひもが特徴です。革ひもの色にも種類があります。
■ つかいこなし:

布製のペンケースと聞きますと雑貨系の製品と思われるかもしれません。さにあらず、この巻き筆入れは手にすると「細やかな作り」・「ソフトでありながら型くずれしない」・「柔らかいゆえの筆記具とのフィット感〜巻いた時のコンパクトさ」から、文房具に道具性を求めたいかたにも納得していただける製品であることが解ります。

そもそもの素材ゆえ、筆記具保護性能は充分。細身の筆記具でしたらポケットに2本入ります。収納品の配置を工夫すると細く巻くことも可能です。極めて軽量ですので、ポケットを筆記具で埋め尽くさない使い方でも気になりません。

■ 製品の色について:

巻き筆入れは一品ごとに素材の色の組み合わせが違います。「素材」・「エッジ」・「革ひも」でのバリエーションとなります。本製品では通常の商品番号(数字4桁)の末尾に製品色識別コード(英数字4〜6桁)を付けました。ご注文の際には、本ページのひとつ上位の階層にあります「メニュー」で最新の在庫と商品番号をご確認ください。

■ 製品仕様「東京小猫商会・巻き筆入れ」:

・機能  :ロールペンケース
・素材  :麻布・帆布など・革ひも
・平面寸法:255mm×185mm(手作りのため個体差がございます)
・付属品 :なし
・製造国 :日本

■ ご案内:

一品ごとに素材色が違います。ご注文の際は「メニュー」をご参照ください。

■ 品質情報:

布素材のため色落ち・色移り等がありえます。

■ 注意事項:

特に無し

トップページ >> メニュー >>    あさきぬ工房監修・巻き筆入れ