トップページ → メニュー → 4穴パンチ
  CARL 4穴パンチ
1799 「CARL 4穴パンチ」¥2,235.
とくちょう:
・A4-4穴ファイリングに備えておきたい4穴ペーパーパンチ。
・どなたでも迷わず使える完成度の高いデザイン。
・オフィス用紙10枚程度までのせん孔に。
CARL(カール事務機)は良質なファイリング関連製品や鉛筆削り等を作る信頼のメーカー。

4穴パンチはサイズが大型なので。本製品のような嫌みの無いシンプルなデザインと抑えの効いたボディカラーはうれしいものです。

美しいツヤありブラックの樹脂ボディ。機構部は丈夫な金属製です。

■ 4穴ファイリングには4穴パンチを

A4判の用紙に4つの綴じ穴を穿孔(せんこう)してバインダーに綴じる「A4-4穴ファイリング」。その綴じ穴のフォーマットは2穴ファイリングと同様に80mm間隔のパンチ穴で成り立っています。このため、2穴パンチに付属のゲージを使って、2回に分けて上手に4穴を穿孔する人もおられます。けれども4つの穴を開けるということはA4判の長手方向(計240mm)の距離に渡って綴じ穴の精度が要求されるわけで、少しでも穿孔位置がずれるとすぐにページめくりの快適さに支障が現れます。1回しかチャンスの無い穿孔作業を誤らないためにも、業務の効率アップのためにも、専用の「道具」をご用意されることを私は強くおすすめします。

いろいろ試したんですが、4穴ファイリングには4穴パンチが無いとだめみたいです。

ゲージの作りの良い2穴パンチで慎重に4穴を作っても、エルゴグリップのようなパンチ穴の精度にシビアなバインダーでは用紙をスムーズに収容できないのです。

本製品は4穴パンチの割にコンパクトかつ安価なので、最初の1台としてとても相応しいものです。

■ 使いこなし:

スリムな製品ですが、台座部分はしっかりA4用紙の長手方向+αの長さが確保してあり、その端に用紙の位置決めガイドが備わっていますので、迷わず穿孔作業を行うことができます。メーカー公称の最大穿孔枚数は一般的なオフィス用紙で10枚です。けれども1〜6枚程度が快適に穿孔できる適量です。より多くの枚数を一度に穿孔する場合は、上級モデルをお使いください。

用紙の位置決めガイドが備わっていますので。
迷わず穿孔作業ができます。
スライドスイッチの操作で
簡単にハンドルを折りたため、
フラットに。高さ32mm。

商品仕様:

機能   :4穴ペーパーパンチ
パンチ寸法:80mm〜80mm〜80mmの等間隔で直径6.0mmの穴を4個穿孔(カタログ値)
穿孔位置 :用紙端からパンチ穴中心までの距離は12.7mm(実測)
穿孔枚数 :一般的なオフィス用紙で10枚
材質   :機構部:金属 外装:樹脂
外形寸法 :横幅304×奥行68mm×高さ59mm(いずれも最大部・実測)
重量   :575 g(実測)
本体色  :ブラック
生産国  :中国

ご注意:

80ミリの等間隔で4つの穴があく「4穴」です。
日本で一般的に売られている4穴バインダーに適合しますが、念のため買う前に確認してください。

商品お届け前に穿孔テストを実施しております。本体内に時々パンチくずが残りますがご了承ください。

ヘビーデューティーな4穴パンチなら、こちら →
トップページ → メニュー → 4穴パンチ