トップページ >> メニュー >>  エルゴグリップ
 エルゴグリップ

・0448 「エルゴグリップ 4穴・スリム・ブラック」¥2,988.
・0450 「エルゴグリップ 4穴・ワイド・ブラック」¥2,988.

・0444 「エルゴグリップ 2穴・スリム・ブラック」¥2,988.
・0446 「エルゴグリップ 2穴・ワイド・ブラック」¥2,988.

スウェーデン・KEBA社のスタイリッシュなバインダーです。A4-4穴とA4-4穴の二つのライン。それぞれ背幅でワイドとスリムの2種類あり、計4つのバリエーション。

KEBA社の製品は日本でも定常的に入手が可能ですが、信頼文具舗が扱うモデルは背表紙&カバーともに厚口樹脂のブラック。そしてカバーサイズは持ち運びや保存に便利なコンパクトタイプ。

このコンパクトタイプは数年前に日本版カタログから落ちたモデルですが、このたび信頼文具舗向けの別注仕様としてメーカーに製作を依頼。復活となりました。赤のケバタブ(背表紙のパーツ)を標準装備してもらいました。

もちろんおすすめは安定したファイリングを楽しめる「4穴」モデル。「4穴パンチ」とご一緒にどうぞ。

■ とくちょう:

・軽くて丈夫な樹脂製ボディ。なにより、スタイリッシュなデザイン。
・レバーを押すだけのワンタッチ操作で用紙の差し替えが可能。
・A4−4穴、A4−2穴の2フォーマット。用紙の収容量に合わせワイドとスリムの2タイプ。

 仕様・デザインふくめ、「フィールド・ステーショナリー」として活用したい製品です。

ERGOGRIP:信頼文具舗ならではの製品です。

店長の個人サイト「ステーショナリープログラム」では
1998年にご紹介した製品。

スウェーデン KEBA(ケバ)社
樹脂製ボディのスタイリッシュなA4バインダーです。

ファイリングされる用紙はA4サイズ。
収容用紙の枚数に合わせ、スリムとワイドの
2種類が用意されています。
保存にはワイド、持ち運びにはスリムが適しています。

■ みどころと使いこなし:

オフィスではすっかり定着したA4の用紙フォーマット。
パーマネントなファイリングには安価で効率の良いバインダー類が数多く出そろってまいりました。

ところが、A4の資料をデスクから会議室へ、社内から出張先へと持ち出す際の「人に見られる場面」において
気持ち良く使えるファイリング ツールは、まだまだ少ないような気がします。
とりわけ「営業の仕事をスタイリッシュにこなしたい」と意識されている方には、
資料の持ち出し方法に苦慮されておられる場合が多いのではないでしょうか。

エルゴグリップはシンプルなデザインの樹脂パーツで構成されたA4ファイリング用のバインダーです。
耐候性にすぐれ、色あせも少ないため、永くご愛用いただける素質を備えております。

樹脂パーツは大きく分けて背表紙と表紙、裏表紙の3点。これらは樹脂製のリベットで勘合されています。
そして背表紙パーツはエルゴグリップの心臓部。「快心」のメカニズムが盛り込まれております。

ERGOGRIPを開いたところです。(4穴・ワイド)

表紙/背表紙/裏表紙が樹脂リベットで勘合されています。
バインダー金具はシンプルな形の金属パーツ。
この金具は背表紙にアルミリベットで固定されています。
リングは、薄く平らな2本の棒が両側から交差するタイプ。

リングの開閉は驚くほど簡単です。
写真手前側の黒いレバーを押すだけ。
レバーを押すと、この巧妙な仕組みが現れます。

バインダーを机に置いて、手前のレバーを押すだけでリングのロックが開放されます。
リングのクローズ〜オープンの中間に、もうひとつリングを固定できるモード(半開放)があり、
この状態ですと、背表紙がほどよく開き、用紙の閲覧がしやすくなります。
オープン←→クローズの操作において、指をはさんだり・刺したりするおそれが少なく快適です。
フォーマットは4穴と2穴の2種類です。

背表紙の幅は(外形寸法で)スリム:40mm、ワイド:55mmの2種類です。
スリムでだいたいコピー用紙100枚を入れて、リング開閉のオペレーションが容易に可能です。
ファイリングの比重が高い場合にはワイドがふさわしいと思います。

いっぽう、必要な資料だけをとじてオフィスから飛び出す!
、、そんな場面にはスリムのほうが手になじみ、取り回しに楽だと思います。

■ 追加情報

エルゴグリップ(最近はkebaエルゴと呼ばれています)にはいくつかのバリエーションが存在します。

まず表紙(→背表紙ではない)の横幅に大小があります。
インデックス(見出し用紙)込みの横幅を確保するため、世界的には横幅「大」が標準的です。
しかし当店では取り回しの良さ&持ち歩き性を重視し、小タイプをセレクトしました。

次に新型の登場です。新型は本体をさらに軽くするため、薄手の樹脂カバーを採用しました。
そのままでは強度が低下するので、表紙を波状にした加工が施されています。
また、綴じ金具も樹脂の(ただし強化されている)ものが備わっています。
この新型は軽量化と同時に手頃な価格も実現しています。

さらなる軽量化はユーザーにメリットが有るものですが、
私個人としては、用紙を収容した状態での用紙の重量とバインダー本体の「しっかり感」との
バランスから、旧型モデルに好感を持ち、あえてメーカーに旧型の製作をお願いしました。

またメーカーの説明によれば、綴じ具について、ファイルを床に落下させた際、
収容された用紙の重量が綴じ具に大きな力を与え、金属製のそれでは変形を起こすが
樹脂製ならば元通りに戻るため有用とのことでした。
これも私としては、万が一の落下時の影響よりも、毎日繰り返す綴じ具開閉の手応え,
しっかり感を重視したく、金属製で良いと判断しました。

■ 製品仕様

機能   :A4用紙を綴じるバインダー。
リング間隔:2穴=80mmピッチの2穴、4穴=80mmピッチの4穴
外形寸法 :スリム=高さ310mm×表紙幅265mm×背表紙幅40mm(実測)
外形寸法 :ワイド=高さ310mm×表紙幅265mm×背表紙幅55mm(実測)
重量   :2穴スリム434g,4穴スリム=456g,2穴ワイド=470,4穴ワイド=500g (実測)

■ ご案内:

背表紙部分の赤いパーツは「KebaTab(ケバタブ)」という製品です。
通常はグレーのものですが、当店では赤をセット。
入荷はまれですがケバタブは単体でも当店で販売しています。

■ 品質情報:

■ 注意事項:

トップページ >> メニュー >>  エルゴグリップ